個室ビデオBOXのススメ -初心者向け利用案内-

こんにちは、相互オナニー大好き!な管理人・オナ丸です。

気がつけばオナ丸が個室ビデオBOXを利用するようになって10年以上が経過しました。

私にとって、個室ビデオBOXとは エロを堪能する場であると同時に、仕事も家庭も忘れて一人きりの時間を楽しむことが出来る安らぎの空間でもあります。

一時期は本当にハマってしまい、週に2.3度のペースで通い詰めたこともありました。

videobox_000

これまで、けっして短くはない時間をこの空間で過ごしてきたものとして、これから利用する方のための手引きとなるような情報をまとめておきたいと思います。

個室ビデオBOXとは?

個室ビデオBOXとは、その名のとおり、個室でDVDやブルーレイなどの動画を鑑賞することができるお店のことです。

アダルト動画に特化した漫画喫茶

入店すると、一般的なレンタルビデオ屋さんのようにDVD(ブルーレイ)がたくさん陳列されていますので、その中から好きな作品を数枚選んで、店の奥に用意された個室で鑑賞します。 

videobox_001

お店に陳列されている動画は、基本的にアダルト動画になります(※一般作品もほんの少しあります)。

料金体系は基本的に「1時間○○円」といった時間制になっており、時間内であれば動画は何度でも交換が可能です。

後述のように、受付やトイレ内に設置された自販機などで、アダルトグッズの購入もできます。

アダルト動画に特化した漫画喫茶のようなもの・・・と考えてもらえばよいかと思います。

以前は「風俗未満のちょっと怪しげな空間」といった印象が強かったのですが、近年は「終電を逃した後の簡易宿泊施設」的に利用されることも多いようです。

個室ビデオBOXの種類

「個室ビデオBOX」には、風俗店としての性格を備えたものと、そうでないものの2種類があります。

風俗店としての個室ビデオ

個室内でのビデオ鑑賞時に、女性が入室しテコキなどの各種サービスを行うお店で、オナクラの元祖と呼ばれた名店「神田ピープル」をはじめ、かつては東京都内にも数店舗が存在しましたが、近年はほぼ壊滅状態にあります。

現在も営業中のお店としては、池袋の「NEW CRYSTAL(ニュークリスタル)」さんが有名です。

非風俗の個室ビデオBOX

金太郎・花太郎や、宝島24などの大手チェーン系列のお店は、女性の入室など風俗的な要素はなく、あくまで個人での動画鑑賞に特化しています。

共同シャワーなどの設備が設けられている店も多く、オナニー目的で利用する客のほかに、終電を逃した際の簡易宿泊所的に訪れる方も多くいます。

この記事で紹介しているのは、こちらの「非風俗タイプ」の個室ビデオBOXになります。

ビデオBOXの利用方法は?

ここでは「宝島24」「金太郎・花太郎」などの大手チェーンの利用方法を紹介します。いずれも基本的な流れはほぼ一緒です。

利用の流れ

  1. 入店したら、まずは好きなDVDを選びます(大抵6枚以内)。
     
  2. DVDを決定したら カウンターにて受付を行います。 料金は先払いになりますので、希望の部屋のタイプ(後述)と利用時間を伝えて使用料を支払います(※券売機でチケットを購入して受付に提出するタイプのお店もあります)。
     
    videobox_002
     
  3. 受付が済んだら案内された個室に入りDVDを鑑賞します


    こちらは、大手チェーン系列のお店で 無料でもらえるサービス品(コンドームと使い捨てお絞り)。
     
    videobox_004
    以前は簡易式のオナホールがもらえた時期もありましたが、最近は、お絞りとコンドームの組み合わせが一般的です。

    動画を交換する場合は、最初に持ち込んだDVDを持って受付に行き「交換です」と伝えます(個室内には最大6枚のDVDしか持ちこめません)。
     
  4. 退室する際は、再び受付にDVDを持っていき「帰ります」と伝えます。店員がDVDの枚数などをチェックした後、問題が無ければそのまま帰宅となります。時間をオーバーした場合などはここで超過料金を支払います。

個室内の様子

お店にもよりますが、個室はいくつかのタイプが用意されています。

一般的なのは以下の3タイプでしょうか(それぞれ喫煙/禁煙を選択できます)?

  • リクライニングチェア
  • ベッドタイプ
  • フラットシート

以下はベッドタイプの部屋の様子です。

videobox_003

いずれも1.5~2畳ほどの室内に、テレビ、DVDデッキ、ティッシュ、ゴミ箱などの基本セットが備わっています。

まさにオナニーをするためだけに特化した理想の自慰部屋といえましょう。

また、多くの店舗では個室内にPCも用意されており、ネットの閲覧やアダルトチャットの利用も可能になっています(※利用には受付にて申請が必要)。

以前は、内装がボロボロ、椅子も穴だらけ・・・といったお店がほとんどだったのですが、最近は「ホテルがライバル(宝島24)」のキャッチコピーが示すように、簡易宿泊施設的な利用を前提にした改装が行われるようになり、キレイなお店も多くなってきました。

完全個室と防音ルーム

最近ではあまり見なくなりましたが、お店の中には、個室同士の天井部分に隙間がある状態(隣の個室とパーティションで区切られているような状態)のところもあります。

こうした状態では落ち着かない・・・という方は「完全個室」のお店を選ぶようにしましょう。

videobox_009

また、鑑賞時には隣室への音漏れ防止としてヘッドホンを着用するのが一般的でしたが、最近では「防音ルーム」のお店が増えており、ヘッドホン無しで鑑賞が可能なところもあります。

現在「金太郎・花太郎」「宝島24」の2大グループの店舗では、その多くで完全個室・防音ルームが一般的になりつつあります。

アダルトグッズが充実!

個室ビデオBOXでは、受付にてアダルトグッズが販売されています。

しかし、いくら相手が男性とはいえ、対面で「このオナホールください」と言うのはちょっと恥ずかしいですよね?

そうした方のために、トイレの個室内にアダルトグッズの自動販売機が設置されています。

videobox_005

テンガなどのオナホールから、ローション、使用済み下着といったものが販売されています。

東京都の個室ビデオBOX事情

オナ丸が暮らす東京都の個室ビデオBOXの状況を簡単に紹介してみます。

2大グループ・チェーンと独立系個人店舗

2017年現在、東京都内のビデオBOXは基本的に「宝島24」と「金太郎・花太郎」の2大グループが席巻しており、その合間を縫うようにごく少数の 独立系・個人経営店がサービスを行っているという状況です。

かつては独立系の名店が多数存在したが・・・

オナ丸が初めて個室ビデオBOXを利用したのは2005年前後のことで、渋谷の某所にあった個人経営のお店でした。

無茶苦茶狭い店内でドキドキしながらビデオを選んでいると、店長さんらしき男性に「うちは本数が少ないからサ、その分全部ウラ(無修正)だからね」と声をかけられたのが、良い思い出です。

当時は まだ都内にも独立系の個人経営店がたくさんあり、それぞれ品揃えなどに特徴がありました。

2ちゃんねる「個室ビデオ」のスレッドでは「熟女モノならこのお店」「レズものの品揃えがすごいのは○○」「どうやらあの店は無修正も見れるらしい」といった情報が活発に取り交わされており、オナ丸もそれらの情報を参考にしながら、都内のお店を回って歩いたものです。

しかしその後 独立系は激減・・・

しかし その後「金太郎・花太郎」と、「宝島24」の2大グループが、都内の個室ビデオBOX業界を席巻。個人経営のお店は、両グループの傘下に入るか、廃業するかで、数を減らしていきました。

例えば、現在も 池袋に「宝島24・VAN店」というお店がありますが、こちらは元々「関東一の在庫を誇っていた」という独立系のお店を、宝島24が買収して現在の形になった店舗です。

ちなみに、私が最初に利用した渋谷のお店も現在は「宝島24」のお店になっています(当然 裏ビデオなどは置いていませんが)。

東京都内の独立系店舗

2016年9月現在も営業が続く独立系のお店です(※金太郎・花太郎/宝島24以外のお店を独立系と呼んでいます)。

独立系店舗中には、女装趣味の方のためのコースを備えた「OWL(アウル)」さんのように個性的なお店があります。

また、面白い動きとしては、アダルトコンテンツ制作大手のソフト・オン・デマンドが宝島24とタッグを組んで運営するVRアダルト対応の個室ビデオBOX「SOD VR」が秋葉原に誕生し、今後の動向が注目されます(※オナ丸の体験記事はこちら)。

以下のお店は既に閉店してしまったお店です。

【東京】・ハマー
【池袋】・ソニック/・TOPS/・ビデオショップVEGA(*2015年1月時点で閉店情報あり)/・メガサイト
【上野】・夢夢ワールド/・御徒家
【秋葉原】・MRマガジン(2009年の時点で閉店)/・カリビアン(2013年時点で閉店)/・ドリーム(金太郎に統合)/・メンズ館/・ビデオクイズ
【新宿】・ドリーム/・VIP

※以下のサイトを参考にさせていただきました。

個室ビデオBOXで相互オナニーする!?

個室ビデオBOXは、意外にも相互オナニーが楽しめる穴場だったりします。

個室盗撮系動画で相互オナニーを疑似体験!

以前別の記事にも書いたんですが(参考:相互オナニー主観映像の限界と可能性)、個室ビデオBOXでアダルト動画を鑑賞するのであれば 絶対に見てほしい作品があります。

「個室ビデオBOX盗撮系」の作品です。

女性向けの個室ビデオBOXにカメラを仕込み、客の女の子たちがオナニーしている様子を盗撮しました・・・という設定の内容なのですが、これ、オナ丸の中では擬似相互オナニーを体験できる神シリーズと位置づけています。

特にお勧めはコチラの「汐留 ビデオBOXオナニー盗撮」のシリーズ。

汐留 ビデオBOXオナニー盗撮 6

コチラのシリーズでは、カメラは主に女性を正面からとらえる形になっています。

女性は、カメラの脇にあるとおぼしきテレビモニタの映像を見ながらオナニーをするわけですが、鑑賞しているうちに 彼女の視線がまるで自分を見ているように感じられてくるのです。

「あ、このこ、オレを見てオナニーしてる!」という、不思議な錯覚に陥ります!

これぞまさに、擬似相互オナニー!

で、これを 自宅で見てもよいのですが、是非、個室ビデオBOXで見てほしい。

個室の内装なんてどこもそんなに大差はありませんから、自分がいる場所と、動画内の女の子がいる場所が、ものすごく近く感じられるんですね。

まるで、自分がテレビのモニターを挟んで女の子と向き合ってオナニーをしているような不思議な感覚にとらわれるはずです。

アダルトチャットで相互オナニー!

また、各個室にはPCが備わっているところが多く、アダルトチャットが気軽に利用できる点も見逃せません!

オナ丸自身、アダルトチャット利用時には、よく個室ビデオBOXを利用しています。

個室ビデオBOXには、アダルトチャット利用するために最適な環境が揃っているからです。

カメラやマイクなどの設備が揃っている

チャットの利用に必要な機材が部屋に備わっているので、余計な出費の必要はありません。

videobox_010

プリペイドカードが購入できる

個室ビデオBOXでは、アダルトチャット用のプリペイドカードも販売しています。

クレジットカードの登録が不安な方は、現金で購入できるプリペイドカードは安心ですよね。

videobox_011

完全個室なので 安心感がある!

そして もちろん、ここが最大のポイント! 防音ルームがあるお店を選びましょう。

もちろん、アダルトチャットは自宅でも利用が可能です。

興味がある方は、まずはオナ丸の体験レビューをお読みになってみてください。

オナ丸おすすめのライブチャット!

実際に複数チャットサイトに登録したオナ丸だから選べる安全度重視のアダルトチャットランキングです。

特に初心者の方は以下の3つのサイトからどれかを選べば、まず間違いはないかと。

各サイトの詳細は「安心度で選ぶチャット比較!」のページをご覧ください!!

DXライブ


とにかくハズレなく裸&オナニーが見たいならココ。海外サーバということもあり事実上露出制限がほとんど無いのが実態。ただし、その分料金的にかなり高額なのが難点。過激度を重視したい初心者におすすめ。実際にオナ丸がDXライブを利用した際の体験レポートはコチラで読めます。

エンジェルライブ


2001年設立の国内サーバ最大級の老舗サイト。10年以上の運営実績は最大の安心材料。女の子の質も高く、安全面、料金面、アダルト面でバランスが取れている。トータルバランスに優れたサービス。実際にオナ丸がエンジェルライブを利用した際の体験レポートはコチラで読めます。

マダムライブ


格安料金が魅力の人妻・熟女系アダルト。あくまで熟女系サイトなので女性の平均年齢は高め(多分30代半ばくらいがメインのボリュームか?)。数は少ないものの20代後半くらいの女性もいるので、そうした女性に遭遇できればラッキーな思いができるかも!? 安く遊びたい初心者におすすめ。 実際にオナ丸がマダムライブを利用した際の体験レポートはコチラで読めます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。