神田ピープル閉店!? 相互オナニーコースも備えたオナクラの元祖消ゆ【2017年復活!】

【2017年5月追記】当記事は、東京の元祖オナクラ「神田ピープル」さんについて紹介したものです。記事内で紹介しているとおり、神田の初代店舗での営業は2015年11月に終了しましたが、その後、お店は2017年5月より 錦糸町にて復活営業をしております!以下の記事は、神田にあった「初代店舗」の思い出資料として、そのまま掲載させていただきます。興味を持たれた方は、錦糸町のお店に遊びに行ってみてはいかがでしょうか?

こんにちは、相互オナニー大好き!な管理人・オナ丸です。

こちらの記事では「相互オナニー」コースも備えていたオナクラの元祖・神田ピープルさんに関する情報をまとめています。

はじめに

2015年11月、店舗型オナクラの元祖として、長年 変態紳士たちに愛されてきた名店「神田ピープル」さんが閉店しました。

people_001

公式ツイッターで閉店の告知が行われて以降、にちゃんねるの同店スレッドでは 閉店を惜しむ声が相次いでいます(※閉店前後の状況は「【オナクラ】神田ピープル PART7【露出】」スレッド(694あたりから)で確認できます)。

神田ピープルさんでは「相互オナニー」コースが用意されていたこともあり、これまで当ブログでも「相互オナニー鑑賞ができる風俗店のまとめ -関東版-」のページで紹介させていただいていました。

実は、オナ丸自身はお店の利用経験がなく・・・というか、一度店の前まで行きながらあまりの怪しさに恐れをなして退散した思い出しかなく、"いつかは絶対行きたいお店"のひとつだったのですが、非常に残念です。

オナクラと言われる言葉の無い頃より

ただ女の子に自分のオナニーを

見てもらいたい、見せたい

ブレる事無く、一筋に15年やってまいりました

かつての公式ページには以上のような店長さんの言葉が掲げられており、まさしくオナクラの「元祖」的存在だった同店。

この記事では、新店舗にてピープルさんが存続されることを願いつつ、日本性風俗史に名を残すべきその特異な業態の記憶が風化してしまうのを幾ばくかでも回避できればと思い、僭越ながら 私オナ丸の知りうる範囲でお店の情報を紹介していこうと思います。

お店のシステムと特徴

現在では、オナクラという風俗も それほど珍しいものではなくなりました。

当ブログでも紹介しているように「あんぷり亭」さんや「ハンドパラダイス」さんのような人気店も多くあります。

ただし、これらは基本的に 女性がホテルやレンタルルームを訪れる派遣型であり、神田ピープルさんのような店舗型のお店は近年珍しくなってしまいました(※現状 店舗型風俗店の新設はかなり厳しい模様です)。

そして 神田ピープルさん最大の特徴は この「店舗型」であることを最大限に活かした 独自のサービスにありました。

店舗型ゆえに可能だった特異なプレー

神田ピープルさんの場合、基本的に「個室ビデオボックス」がオプションとして風俗サービスを行っているという形態であったため、現在一般的なオナクラとは異なり、以下のようなシステムになっていました。

  1. 店は小さなレンタルビデオ屋のようなつくりになっており、入店した男性はまず自分が鑑賞するビデオ(DVD)を選ぶ

  2. 個室でビデオを鑑賞していると(10分程度) 女性が入室。 それぞれのコースに応じたサービスが行われる

  3. サービス(=女性が男性の自慰を見る)は、コースにより店内の好みの場所で受けることが可能

最大の特徴は (3)の「店内の好みの場所でプレーすることが可能」だったという点です。

コースによって異なりますが、個室内はもちろん 給湯室やトイレ、さらにはレジの前など、店内のいたるところでプレーが可能だったのです。

露出愛好家のパラダイス!

店内といっても小さな雑居ビルの1フロアですから、場所によっては 付いてくれた女の子はもとより 入店してきた他の男性客に行為を見られてしまう可能性もあり、この辺のスリル感が 多くのファンを捉えて離さない魅力のひとつだったようです。

つまり「本来はそんなことしちゃいけない場所で、女の子を前に こんなことしちゃってる!」という倒錯的な興奮が、露出愛好家の方やM男性にはたまらなく良かったわけですね。

こうした興奮は 当然、ホテルやレンタルルームの一室で味わえるものではなく、店舗型ゆえに可能だった特異なシステムだったといえます。

以下は、ビデオ鑑賞部分を省いた「ミントの部屋コース」の内容を紹介した記事へのリンクです。体験漫画がありますので、お店の雰囲気がつかめると思います。

ミントの部屋 神田ピープル

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。 新しい記事を書く事で広告が消せます。

神田ピープルと相互オナニー

また、神田ピープルさんでは「相互オナニーコース」も用意されており ガラス越しに 女性と自慰を見せ合う仕組になっていました。

公式ブログのコース案内には「ガラス越しの相互オナニーは手の届かないところの歯がゆさが魅力的かも!?」とのキャプションが付き、料金は「ビデオ:15分/プレイ15分」で8000円。

相互 神田ピープル

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。 新しい記事を書く事で広告が消せます。

オナ丸は、このガラスがマジックミラーなのか気になって、にちゃんねるのスレッドで常連さんに質問したことがありましたが「マジックミラーではなくただのガラス」とのことでした(まあ考えてみればマジックミラーだと相互鑑賞にならないので当然か・・・)。

先述のように、結局体験することなく終わってしまい 本当に心の底から後悔しておりますORZ…

【2017.12.8追記】名古屋ののぞき部屋「アトリエ トムボーイ」さんがこれと全く同じスタイルで営業中です。オナ丸も体験しましたがとんでもない迫力と興奮を味わえますのでおすすめです!

のぞき部屋「アトリエ トムボーイ」/のぞき部屋でまさかの相互オナニー!

2017.04.11

閉店の経緯

公式ツイートや、閉店後にお店に電話で確認した方からの情報を総合すると、閉店の原因は 経営上の問題というよりは、入居していたビル側の都合によるもののようです。

お店の公式ツイッターによると 11月以降も、新店舗を探しを継続中とのこと(※ツイートは1〜2か月に1回程度の割合)。

people_002

神田ピープルさんのWEBページは、住所などの情報を記載したHTMLサイト(kanda-people.net)と、コース説明などを行うFC2ブログ(pblogpink.blog65.fc2.com)の2つがありましたが、2016年3月現在、HTMLサイトの方は削除されており、FC2ブログの方は閲覧が可能です。

以下は、インターネットアーカイブに保存された2014年12月時点の、在りし日のお店の公式ページ(HTMLサイト)へのリンクです。

神田 ピープル

営業時間:pm1:30~pm22:00 日祝日 pm 1:30~pm19:00     ※土曜日の営業も22時までになりました!            場所:東京都千代田区内神田1ー4ー10 キノクニヤビル2階      地図表示 カウンターで「HPを見た」と言って下さい  割り引きいたします

この無骨なデザインと、独特のイラストが いかにもな感じで良かったのですが、残念です。

オナ丸 跡地を探訪する

そもそもオナ丸が 神田ピープルさんの閉店を知ったのは、都内の桜もいくらか咲き始めた2016年3月も終わりの、とある日曜日のことでした。

妻が2泊3日の出張に出かけており、一人でどうしようかと考えていて、ふと頭に浮かんだのが「神田ピープル」さん。

当ブログとしては「相互オナニー鑑賞ができる風俗店のまとめ -関東版-」のページでお店を紹介していたこともあり、老舗オナクラの相互オナニーコースを一度は体験しておかねば・・・と常々考えておりました。 実際、2~3年ほど前、会社帰りに店の入り口まで行ったことはあったのですが、入居しているビルが放つ独特なオーラに恐れをなし、いそいそと退散しておりました。

それ以後、なかなか機会を失っていましたが、今日こそが再チャレンジの日だと そう考えたのです。

そこで「今度こそ・・・」との固い決意で、公式ページで再度情報を仕入れることにしたわけですが、オナ丸の目に飛び込んできたのは「閉店」の2文字。しかも 閉店から既に4ヶ月・・・。

なんじゃこりゃあ!(c)松田優作

思わずそう叫ぶとともに「このままではいけない」という思いが激しくこみ上げ、気づけば一人、神田を目指す車中におりました。

people_003

たくさんのお店が軒を並べる神田駅西口商店街を突っ切り「こんなとこにホントに店とかあんのかよ?」と不安になるほど歩くと、静けさに包まれた ビル街の一角にたどり着きます。

と、突然、周囲を威圧するような独特の雰囲気を漂わせた異形の建物が・・・

people_004

これぞ、変態紳士達のユートピア・神田ピープルさんの入っていたキノクニヤビルです(※お店は2F)。

2016年3月の時点では、まだ以上のようにお店の外観はそのままの状態。

店舗の入っていた2階には「日本初!飛び出る立体画像 3D VIDEO BOX ピープル」の文字が躍っています。

people_005

「立体画像」というのは もちろん 3Dメガネをかけて鑑賞するようなAVシステムのことではなく、暗に生身の女性がサービスしてくれることを指しているわけで、なんとも粋な表現ですね。

さらに、奥の看板には「お好みの彼女をあやつる 個室ビデオ 憾娼(かんしょう)」の文字が。

people_006

「憾娼」の当て字で「かんしょう=鑑賞」とかけているわけですが、この「憾」の字に、快感の「感」ではなく、遺憾の「憾」を持ってくるあたりが味わい深いですね。

この一字に この店を訪れる男性達の「恍惚」と「不安」そして「後悔(賢者タイムのアレ)」といった様々な感情が込められているようにも思われます。

まるで 入るものを拒むかのような 荘厳な入り口。

people_007

既に2階のプレートは撤去されていました。

people_009

エレベーター脇の暗がりに目を凝らすと、お店の看板が!

people_008

いつの日か、またこの看板に灯りが灯ることを願いつつ キノクニヤビルを離れました。

こうした個性的なお店が無くなってしまうのは本当に寂しい限り。

心からお店の復活を願わずにはいられませんでした。

追記:旧店舗 跡地を再訪(2017年)

2017年8月の終わり。

たまたま近くに用事ができ その帰りに 神田の旧店舗跡地を再び訪ねてみました。

お店のあったキノクニヤビルはすでに取り壊されており、ただの空き地状態状態。

なにかお店の痕跡のようなものはないかと、うろうろ探してみましたが特に見つからず…

そのうち なにか新しい建物がここに建ち 違和感なく風景の中に溶け込んでゆくのでしょう。

つわものどもが 夢のあと・・・

神田駅に戻る道すがら、頭にふと浮かんだのはそんな言葉でありました。

(おまけ) それでも見られたい貴方へ

お店は閉じても人間の欲望は続きます。

「女の子に見られながら そんなことしちゃいけない場所でエッチなことがしたい!」そんな願望をお持ちの方に、オナ丸的が 代替案としておすすめしたいのが、ライブチャットを利用して遊ぶ方法です。

ライブチャットで恥ずかしい姿を見てもらう!

ライブチャットは、女の子のエッチな姿を「見る」のが一般的な利用方法ですが、カメラがあれば自分の姿を「見てもらう」ことも可能です(※ただし局部の露出は基本的にNGなのでご注意を!)。

しかも、最近ではスマホ対応のサービスもありますので、一般的な カメラ付きのスマホを持っていれば、自分の好きな場所で エッチな指示を受けつつ、女の子にその痴態を鑑賞してもらうこともできちゃうわけです。

オナ丸のライブチャット体験談を紹介していますので、興味がある方は読んでみてください。

オナ丸おすすめのライブチャット!

実際に複数チャットサイトに登録したオナ丸だから選べる安全度重視のアダルトチャットランキングです。

特に初心者の方は以下の3つのサイトからどれかを選べば、まず間違いはないかと・・・。

各サイトの詳細は「安心度で選ぶチャット比較!」のページをご覧ください!!

エンジェルライブ


2001年設立の国内サーバ最大級の老舗サイト。10年以上の運営実績は最大の安心材料。女の子の質も高く、安全面、料金面、アダルト面でバランスが取れている。トータルバランスに優れた最もおすすめできるサイト。実際にオナ丸がエンジェルライブを利用した際の体験レポートはコチラで読めます。

DXライブ


とにかくハズレなく裸&オナニーが見たいならココ。海外サーバということもあり事実上露出制限がほとんど無いのが実態。ただし、その分料金的にかなり高額なのが難点。過激度を重視したい初心者におすすめ。実際にオナ丸がDXライブを利用した際の体験レポートはコチラで読めます。

マダムライブ


格安料金が魅力の人妻・熟女系アダルト。あくまで熟女系サイトなので女性の平均年齢は高め(多分30代半ばくらいがメインのボリュームか?)。数は少ないものの20代後半くらいの女性もいるので、そうした女性に遭遇できればラッキーな思いができるかも!? 安く遊びたい初心者におすすめ。 実際にオナ丸がマダムライブを利用した際の体験レポートはコチラで読めます。

2 件のコメント

  • はじめまして♪
    錦糸町に移転した「神田ピープル」のキャスト女性の者です。
    以前の場所はビルの老朽化により取り壊しとなり、今の場所に移転となりました。
    新風営法

    • コメントありがとうございます。
      新店舗での復活おめでとうございます! お金が溜まったら新店舗の方に遊びに行ってみようと思っています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。